とても便利なシステム!ファクタリングのメリットとデメリットを理解して資金調達をうまく活用しよう!ファクタリングで重要なことは?

- ファクタリングとは?

新着情報

◆2017/12/15
ファクタリングとは?の情報を更新しました。
◆2017/12/11
実際に利用している企業はどの業界が多いの?の情報を更新しました。
◆2017/12/11
どんな影響が出るのか把握しておこうの情報を更新しました。
◆2017/12/11
詐欺に遭わないために気をつけたいことを新規投稿しました。
◆2017/12/11
重要なこととは何?知っておきたいポイントを新規投稿しました。

ファクタリングとは?

ファクタリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは、事業の資金調達の方法の一つです。
まだ回収していない売掛金を回収会社が買取します。
企業間の取引というのは一般では現金ではなくて売掛金による取引がメインです。

売掛金とは?

売掛金、これは商品を納品したり、サービスを提供し終えてから請求書を出しているけれど、支払期日がまだ来ていないという理由でお金はまだ手元に入っていない、つまり入金がまだの状態のお金のことをいいます。
特に支払い期間を長く設けている場合には現金化することは難しく、資金側は資金調達に影響が出る恐れがあります。
そんなとき、ファクタリングサービスを使えば、すぐにこの未入金のお金を現金に換金させることができますので、とても便利なシステムです。

メリットとは?

メリットもいろいろとありますが、一番のメリットは手軽に資金の調達が可能であるということです。
銀行からもしつなぎ融資を受けるとなると、現在の経営状況を重視した上で融資を決定されることになるのですが、融資ではありませんので、審査も比較的スムーズに通りますし、担保なども必要ないのです。
また資金繰りが良くなるだけでなく、担保の必要もありませんので、キャッシュフローが正常化するというメリットもあります。
銀行から融資を受けようと思ったら通常は担保が必要ありません。
賃借対照表がとてもスリムになるというメリットもあります。
これがスリムになれば、金融機関から見られる信頼度もあがります。

どのような企業が適しているのか

このファクタリングというサービスを利用するのに適している会社があります。
それは銀行等金融機関から融資を受けることができなかった会社です。
経営が安定してない、審査に通らなかったなどの理由で融資を受けることができなかった会社は向いています。
また未入金の支払いサイトが長い取引先が多いというような会社も、利用すればすぐにお金が入りますので助かります。
翌月払いといったように短期間で取引をしている会社はそれほど資金を作ることが難しいということはありませんが、手形決済をしていて、支払いまでに時間がかなりかかるようなケースでは、売上が例え黒字計上されていたとしても手元にお金がないことになります。
黒字でも倒産するというのはこのようなケースですのでそうならないように利用する会社も多いでしょう。

デメリットはあるのか

1万円札

メリットがあれば大半の場合でデメリットも存在しています。
こちらはデメリットももちろんあります。
デメリットは手数料が高いということでしょう。
手数料は2社を相手にする場合と、3社を相手にする場合では違いがあります。
2社の場合であれば、未入金額の1割から3割となり3社間の場合には1パーセントから5パーセントというところが大半です。
それ以外にもデメリットがあり、このサービスを利用するにあたっては、未入金のお金がなければ資金を調達することはできませんから、月商以上のお金は手に入れることはできません。
3社間でこのサービスを利用する場合は、この会社と資金を調達している利用会社と、未入金先の取引先との3つの間での取引をしますので、取引会社が承諾しなければ成立しない契約でもあります。
取引先が同意してくれればいいのですが、もし同意してくれない場合は、利用できません。
また利用する会社も、取引先からもしかすると資金繰りが厳しい会社と見られて、これからの取引に、もしかするとマイナスになってしまう可能性が出るというデメリットもあります。
またデメリットとして2社でも取引することは可能なのですが、これだと手数料がもっと高くなるというデメリットもあります。