どんな影響が出るのか把握しておこう

- どんな影響が出るのか把握しておこう

どんな影響が出るのか把握しておこう

ファクタリングを利用した場合に、なにか取引先に影響が出るのではないかと心配している人もいるのではないでしょうか。
利用するにあたって迷惑がかかるのであればやめておきたいと思うのは当然ですが、どうなのでしょうか。

売掛金先との関係は取引内容によって違う

ファクタリングは2社間でやりとりをするケースと、3社間でのやりとりがあります。
2社なら利用する人と、会社が直接取引しますので、売掛金の取引先は関係ないので連絡もする必要はありませんから、一切の影響はないといってもいいでしょう。
その一方で、3社間となると、利用者、ファクタリング会社、そして売掛金の3社での取引になりますので、連絡をしなければいけなくなります。

3社間取引のケース

3社間でのケースは会社、金融機関によっても違いがあるのですが、利用者が会社に買取申込をして、それから取引先に連絡が取られて、会社が買い取ることを説明され、利用者からも取引先に連絡を取り、売掛先の会社からファクタリングをすることに対して了承を貰わなければいけません。
もし同意してもらえない場合には3社間での取引ができなくなります。
既に連絡をした時点で、取引先には資金調達をするのだということは知られることになります。
了承が得られないと契約することができないので、資金調達することができません。

了承を得ることができれば

取引先からの了承を得ることができれば、売掛取引先と会社の間で金額の確認が実施され、それから利用者に入金されます。
取引先には了承してもらうだけでなく、書類を確認してもらったり、振り込む先の変更を依頼することになりますので、少々手間がかかるでしょう。
また信用調査設けますので、勝手に信用調査を受けさせられたと立腹するケースもあるので、慎重に話を進めていかなくてはいけません。
3社の場合は2社間の場合と比べると手数料が安いですので、取引先も巻き込むことができるのであれば、3社間でのやり取りの方がいいでしょう。
しかし相手に知られてしまいますし、いま紹介したように少なからず何らかの迷惑がかかってしまいますので、2社間で行うケースも増えていることは事実です。
取引先に万が一知られたとしてもそんなに影響はないのであれば3社で行った方が手数料は安いのでいいでしょう。
ですが資金繰りに困っているという助教を知られたくはないというのであれば、少々お金が掛かっても2社で実施したほうがいいでしょう。

関連記事: