実際に利用している企業はどの業界が多いの?

- 実際に利用している企業はどの業界が多いの?

実際に利用している企業はどの業界が多いの?

ファクタリングを利用している会社というのはどのような会社が多いのでしょうか。
ここでは利用している業界や業種について詳しく見ていきたいと思います。
ざっくり見ると建設業界や人材派遣業界が多く利用しています。

建設業界が多い

ファクタリング利用率が一番多いと言えるのは建設業界です。
なぜなら下請け、孫請けがいる等、構造がほかの業界と比べるととても複雑になっています。
そして支払いまでのサイクルもとても長いですので、資金調達が苦しいものになります。
理由はそれだけでなく、案件の規模が大きかったとしても、建設の仕事は天候の影響設けますので、スムーズに酔亭が進むとは限らず、資金調達が厳しくなることもあるのです。
建設業界のなかでも、土木工事関連の会社は公共事業も多いです。
安定した支払いを受けることが可能なケースが多いですので、業者も買取には力を入れているという理由もあります。

人材派遣会社

人材派遣の業界も利用が多いと言われています。
在庫があるような業界ではありませんが、売掛金が入る前に人件費の支払いがあったり、日払い、週払い等で先に支払うことが多いのです。
売掛金先の経営状況が悪化していることで支払われない、安い値段で仕事を取ることになる等の状況があるのですが、給料は高めに設定しなければ人材の確保もできないという理由によって資金繰りが難しくなることもあるのです。

アパレル業界

アパレル業界は在庫がある業界です。
在庫を抱えなければ成り立ちませんので、仕入れてから、売り切るまでにはかなり時間がかかります。
そして季節によって必要なお金が変わりますので、一時的にお金がない状態に陥ることもあるでしょう。
それと同様にアパレル業界だけでなく家具業界や雑貨販売業界でも利用する会社は多いでしょう。

医療介護業界

医療介護業界でも利用しているところは多いという特徴があります。
診療、介護、調剤報酬はその時に支払われず、入金がかなり遅れますので利用することが多い業界でもあります。
ほかの業界と比較すると回収できなくなるかもしれないというリスクが低いですから、安い手数料で買取をしてくれるということも事実ですので、ほかの業界と比較するととても手軽に利用することが出来るというのも理由になっています。
このように様々な業界があるなかで、いま紹介したような業界でよく利用されています。
手軽に利用できるようになったという理由から積極的に利用しているところも多いでしょう。

関連記事: