必要な手数料について

- 必要な手数料について

必要な手数料について

ファクタリングを利用する場合には、手数料が必要です。
どれくらいの金額なのかこれは、債権の金額や売掛先の規模、経営状況、支払い期間によっても違いがあるので一概には言えまませんし、取引の形態によっても違いがあります。

ファクタリングの違いについて

種類がいくつかあります。
売掛金の先に通知をしなければいけないような3社間のタイプと、通知をしなくても利用できる2社間の種類があります。
2社と、3社では手数料が全く違っています。
2社の場合には売掛債権額の1割から3割程度です。
3社の場合には少し安くなって1パーセントから5パーセントが一般的相場となっています。
2社はかなり高いですので、利用にはこのお金が必要になることも視野に入れて利用しなければいけないのです。

ビジネスローンの金利とこの額を比較する

では資金調達の方法としてビジネスローンがありますが、ビジネスローンの金利と比較してみてはいかがでしょうか。
銀行の金利の場合には大手のビジネスローンは年率2.35パーセントから 9パーセントとなっています。
信販系の場合は6パーセントから15パーセントなので若干高めに設定されています。
ビジネスローンを専門に取り扱っているところでも8パーセントから18パーセントと高めです。
ビジネスローンの金利を見ている限りでは、2社にかかるお金よりも安いですから、リーズナブルと思えるかもしれませんが、その時はいいですが、その後返済しなければいけませんし、審査の内容によってはファクタリングを利用する以上の金利が必要になることもあるので注意が必要です。

必要な書類は

このサービスを利用しようと思ったら契約をする必要があります。
その時に必要な書類はどのようなものがあるのか見ておきましょう。
商業登記簿謄本、印鑑証明、これは必要です。
そして決算書のコピー、売掛先との取引の内容が書かれている書類、売掛先と交わしている契約書、これら4つの書類が必要でしょう。
これらの書類が揃っていなければ、契約することができず、サービスが利用できません。
またこれは一部ですので、もしかすると利用する会社によってはこれ以外にも必要な関係書類があるかもしれませんので、いつの状態でも提出が可能な状態に用意しておくと、すぐに利用することができるので安心でしょう。
書類とかかる費用は用意しておくことですぐにでも実行に移すことが出来るのです。
資金繰りできなくなる時というのは突然のことがあるのでその時に備えましょう。

  ← 前の記事: